SCCIPメンバーシップクラス

SCCIPメンバーシップクラス

創造力や問題解決力を育てる「SCCIPメンバーシップクラス」

  • Self esteem(自分を大切にする心)
  • Creativity(想像を創造に変える力)
  • Communication skill(共感と行動を呼び起こす力)
  • Imagination(想像を広げる力)
  • Problem solving skill(問題を解決する力)

SCCIP(スキップ)とは、上記5つの言葉の頭文字をとったもので、SCCIPメンバーシップクラスの核となるコンセプトです。SCCIPメンバーシップクラスで使用されているカリキュラムは、この5つの力を伸ばすことをねらいとして構成されています。

教育システムのサムネイル画像

SCCIPイメージ

Self esteem(自分を大切にする心)

 自分のアイディアを友達に話せるようになってほしい。友達の言葉に耳を 傾け、お互いに認め合う関係を育ててほしい。自分の作品や友達の作品をありのままに評価してほしい。こうしたことを可能にするのが「自分を大切にする心」 だと私たちは考えています。私たちが提供する教育の最も根源にあるのが「自分を大切にする心」なのです。

 

Creativity(想像を創造に変える力)

 瞬間のひらめきだけでは創造性とは言えません。私たちは創造的な「ものづくり」を習慣化することで創造性というものは生まれると考えています。アイディアを 形にしていく意欲とそれを下支えする知識や技術こそが想像を創造に変える力です。

 

Communication skill(共感と行動を呼び起こす力)

  自分のつくったものについて筋道を立てて説明できること、建設的に批判し議論を組み立てられることこそが「ものづくり教育」では大切です。どういうものを つくったか、どういう考え方でつくったか、何が難しかったのか、どこをどう工夫したのかなど、自分のつくったもの・考えたことを自分の言葉で表現できる力 の育成を目指します。そしてなにより、仲間のそうした言葉に耳を傾けることができるようになってほしいと考えています。

 

Imagination(想像を広げる力)

  ただ何かをつくっておしまいというのが、本当に「ものづくり教育」でしょうか?私たちは「何かをつくる」ということを現実の問題とつなげることを重視して います。現実の問題について想像を広げ、解決方法を考えることが「ものづくり教育」の価値を高めます。想像を 広げる力は問題解決力を支える重要な力です。

 

Problem solving skill(問題を解決する力)

  私たちは問題を解決する力は「スキル」だと考えています。つまり、トレーニングをして身につけることのできる技術なのです。私たちは「ものづくり」を通し て問題解決力を育てることを目指しています。SCCIPメンバーシップクラスのカリキュラムでは、問題解決力を具体的な形で定義し、その育成のための具体 的な実践が行われています。