ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

レゴのロボットRCX 懐かしいものが出てきました。

201784191758.JPG

201784191852.JPG

教室を整理していたら懐かしいものが出てきました。

現在のレゴ社のロボティクス教材「LEGO MINDSTORMS EV3」のおじいちゃん的存在であるRCX。センサーやモーターのコネクターがレゴのポッチの形状をしているのが懐かしいです。またパソコンとの通信が赤外線通信で、上手くプログラムをダウンロードできないことがあり苦労したのを思い出します。

この頃からロボット教育を教室ではじめましたが、その当時はこんなにロボットがブームになるとは思ってもいませんでした。世間に注目されるのは嬉しいことです。

 

教室はじめて17年!

これからもレゴ教材をメインにブロック、ロボット、プログラミング、電子工作などなど、ものづくりを通して楽しいく学びのある活動を頑張っていきます!

 

 

ロボットをセンサーを使って制御

20176314310.JPG

ロボット1年目のクラスでは、モーターの基本制御を学なび、センサー制御の学習に入りました。
まずはシンプルなタッチセンサーから学びます。
プログラム上のパラメーターを変えて、プログラムを実行!何が変化したかを発見する事で、パラメーターの意味やプログラムの制御法を学んでいきます。

そして学んだ事を活用してミッションにチャレンジ!
クリア方法は何通りもありますので、それぞれに戦略を立ててミッションに挑みました。
最後には、クリア法を互いに見合うことで、自分にはない工夫を学び合うこともできました。

とにかく生徒達はロボットが楽しくてたまらないようです。

 

 

 

小学生クラス レゴでギアの原理を学ぶ ~体感することで理解が深まる~

201724131417.JPG

小学生3年生のジュニアロボティクスクラスで、ギアの基礎学習を行いました。
レゴの教材ブロックに入っているさまざまな種類のギアの特徴を調べ、形や歯数の違いをまとめていくほか、シンプルなモデルを使って回転方向の変化や変速、力の増減について学んでいきました。

ギアの歯数から速度や力が何倍に変化しているかにも注目。
出力側の速度が9分の1になると力が9倍になり、出力側から回転を止めるのが難しいぐらい力があること、また反対に出力側の速度が9倍になると力が9分の1になるため、出力側の回転を指1つで止められてしまうことに面白さがあったようです。

もっと高速にしたらどうなる?!

最後には出力側が625倍速で回転するモデルを体感。
625倍速と聞いてとんでもない速度で回る様子を想像したようですが、実際に駆動側からハンドルを回すと重くてなかなかハンドルを1周させることができないことや、力が減少しているので、ちょっとした摩擦でハンドルが回せなくなることも体感でき、速度を上げすぎることのデメリットも実感できたのしかったようです。

結果発表 お年玉LEGOブロックコンテスト2017

毎年恒例の「お年玉ブロックコンテスト」の結果発表です。

今年のテーマは、干支の酉です。

お正月に家族で知恵を出し合い、協力して一つの作品を作るチャレンジです。
教室インストラクターが学年を考慮しながら独自性・技術面・発想・こだわり度などをポイントに評価しました。

たくさんのご応募ありがとうございました。

 

金賞

201724105747.JPG
製作者 T.Kちゃん
作品名 にわとり滑り台
こだわり
ポイント
鶏の目と、階段と滑り台を作ったところです。

年長さんの女の子が1人で考えて作った作品です。
鳥を作るだけでなくすべり台にしてしまったところが、とても良いアイディアですね。公園にあったら人気の遊具になること間違いなしです。

20172411200.JPG
201724112032.JPG
201724112058.JPG

 

銀賞

20172411308.JPGのサムネイル画像
製作者 S.Rくん
作品名

空を泳ぐ三羽の鳥

こだわり
ポイント

鳥が宙に浮いているようにみえるように、壁から棒を伸ばし、鳥を取り付けました。

小学5年生の男の子の作品です。鳥が中に浮いているように取り付けたところがとても良いアイディアです。
また横から見た写真で分かるとおり、3匹の鳥の距離が同じでないところに工夫を感じます。

20172411433.JPGのサムネイル画像
201724114437.JPG
20172411458.JPG

 

銅賞

201724113955.jpg
製作者

K.S

作品名

ダチョウ

こだわり
ポイント

羽を広げて立たせたところ

小学2年生の男の子の作品です。なぜダチョウ?!と言うのがまず面白いですが、特徴を捉えているだけでなく、各関節が動かせるように作っている所にこだわりを感じました。

 

その他の作品もどれも甲乙付けがたく、素晴らしい作品でしたので写真だけになりますが、紹介してしまいます。

 

201724121233.JPG
201724121255.JPG

 

201724121330.JPG
201724121524.jpeg
201724121155.jpgのサムネイル画像
20172412176.JPG
201724121732.jpg
201724121918.JPG
201724122057.jpeg
201724122150.JPG

 

 

小・中学生対象 ロボットプログラミング入門講座開催!

LEGO_EV3.png
本講座は、LEGO社の最新ロボット教材「LEGO MINDSTORMS EV3」を使ってロボットの基本制御とセンサーを使った制御を学べる、ロボットプログラミング入門講座となります。
プログラミングはマウス操作だけで行えますので、初めての方でも楽しく参加できる内容となっています。
制御を学んでチャレンジする課題は、工夫次第で様々な解決法を生み出す事ができますので、小学校3年生から中学3年生までと幅広い年齢のお子様でも楽しめる内容となっています。

 ロボットをこれから始めたい方、興味のある方は、この機会に是非ご参加ください。
先着順となっておりますので、お申込みはお早めに!

詳細・お申込みはNPO法人 科学技術教育ネットワークのHPより

 
日   程:平成29年2月26(日) 13:00〜15:00
定   員:8名
対   象:小学3〜6年生、中学生
参 加 費:NEST会員 2,700円(税込) 一般3,240円(税込)

ロボカップジュニア2017 関東ブロック大会の結果

目指せジャパン・オープン!世界大会!

20172413439.JPG

ロボカップジュニア神奈川・西東京ノードを勝ち上がったチームが12月24日に関東ブロック大会へ出場しました

ロボットが思い通り動かず、苦労したチームも多かったようですがあきらめず、自分たちができる事を精一杯がんばりました!

 ◎日本リーグレスキュー

 ファイロボ・・・・優勝
 レスキューSOS・・準優勝
 ゴッドシャイン・・3位

◎日本リーグOnstage

 マジシャンズ3・・・3位

◎ワールドリーグOnstage

 絡繰忍者 影・・特別賞プログラミング部門

 

ロボカップジュニア関東ブロック公式サイトの関東ブロック大会の結果はこちら

https://rcjj-kanto.org/result/kanto.html

ロボカップジュニア2017 ノード大会の結果

ロボカップジュニア2017 神奈川・西東京ノードに出場

201724132725.JPG

11月19日にロボカップジュニア2017神奈川・西東京ノードが開催されました。
当教室からは、全10チーム参加となりました。
みんながんばりました。

※内1チームは、関東ブロック大会直接推薦です。

以下入賞したチームは、関東ブロック大会へ推薦となります。関東ブロック大会へ出場できなかったチームの思いを背負い、目指せ全国大会、世界大会!

 

◎ワールドリーグレスキュー

 Try・・・・優勝
 Silent2・・3位

◎日本リーグレスキュー

 レスキューSOS・・優勝

 ゴッドシャイン・・準優勝

◎日本リーグOnstage

 マジシャンズ3・・・3位

◎ベストプレゼンテーション賞

 ファイロボ(日本リーグレスキュー)

 

ロボカップジュニア関東ブロック公式サイトの神奈川・西東京ノード大会の結果はこちら

https://rcjj-kanto.org/result/kanagawa.html

楽しく学ぶ電子回路 叫べ!走れ!大声ダービー

8月20日と21日に行われた小学4年生から中学生対象の「電子工作入門講座」では、音に反応してモーターを回転させる電子回路作りに挑戦。使う電子部品はトランジスター、抵抗、コンデンサー、マイクとモーター。講座はLEDを使った実験からスタート。抵抗の値とLEDの明るさの関係やコンデンサーを追加した時の変化を調べます。この実験を通して電子部品の役割を体感的に理解し、同時に回路図と実際の回路の対応を学んでいきます。本題の音に反応する回路は、ハンダは使わず、電子部品をブレッドボードと呼ばれる基板に回路図通りに差し込んで完成です。LEDの実験で回路図の見方やブレッドボードの構造などを理解していけたので、この作業は順調に進みます。

電子工作の後は、段ボール、工作用紙などを使い、ダービーコースと馬を作っていきます。コースの上を走る馬は、速く走る工夫、コースアウトしない工夫など各自のアイデア満載です。何度も試走させて、自分の理想の馬を作り上げていました。それと同時にマイクに向かって声を出す練習も忘れません。最後に、皆でダービー競争。初対面の友達とも会話がはずみ、勝ち負けよりもダービー競争を楽しんでいました。

電子工作のサムネイル画像
電子工作のサムネイル画像

 

レゴ幼児講座 仕組みで動く人形にチャレンジ!

レゴ人形1

夏期特別講座2016の報告 第2弾

8月4日と5日に行われた年長児対象の幼児講座では、動く仕組みを使った人形作りにチャレンジしました。

てこ、ギア、滑車などの仕組みを学べる教育用レゴブロック『アーリーシンプルマシンセット』に興味津々の子どもたち。レゴを使って動くマシンを作れることに、目を輝かせていました。

今回カムの仕組みを初めて体験しましたが、仕組みの位置によっては、動きがおおきくなったり、動かなくなったりすることを体験でき、面白かったようです。仕組み作りに真剣な表情で熱中する子供たち。試行錯誤の末、うまく動いた時には、爽やかな笑顔が広がりました。特にパーツを変えることで、動きに変化を加えられたことがとても楽しかったようで「ちょっと難しいけどおもしろい!」といった声が子供たちから聞けました。

自分だけの踊る人形を、とても真剣な表情で作っていたみんな。思いがたくさん詰まった作品ができあがりました!

レゴ人形2レゴ人形3レゴ人形4

最新LEGO WeDo2.0でプログラミング体験!

wedo2.0-1のサムネイル画像

すこし時が経ってしまいましたが、夏期特別講座2016の様子をご報告です

2016年7月30日と8月7日に「最新!LEGO WeDo2.0プログラミング講座」を開催しました。今年の4月にLEGO社から発売された、最新のロボティクス導入教材「WeDo2.0」を使ってプログラミングを学べる講座です。

対象は小学1〜2年生で、各回とも定員8名の満員で実施しました。
今回の講座では、iPadを使ってプログラミング。
初めてのプログラミング体験だったようですが、操作はとてもスムーズで、ロボットの動いた結果からそれぞれのコマンドの意味を学んでいけました。

今回のテーマは「引く力」
組立図を見て作ったモデルで実験を行い、分かったことから各自綱引き勝負に勝つためのロボットを作りました。相手の引く力に負けない様にさまざまな工夫が見られ、勝負も大いに盛り上がりました。

タブレットで簡単に接続、プログラミングができ、小学校低学年からロボットプログラミングを体験できるとても良い教材だと感じました。

wedo2.0-2
Wedo2.0-3 Wedo2.0-4